株式会社 木内興業

足場仮設(くさび式足場・枠組み足場など)なら木内興業へ。住宅・ビル・マンション・プラント・特殊工場もお任せ下さい。

 

事業地域

神奈川県全域、東京、千葉

上記エリア以外のお客様も、場所により伺える場合がございます。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 


My Reform Recipe

 


     株式会社 三共
HOME»  枠足場

枠足場

枠足場

枠足場

 

昨今、ゼネコン・サブコンでは自前で機材を購入・管理・運用する体制を見直す傾向が強まっています。
しかし、保有機材量や職方人数といった諸問題から、メーカー母体の足場業者にとっては対応が難しいのが現状です。
木内興業では、低層から中高層までの幅広い足場施工の一括体制を提供できる数少ない企業になります。

 

中高層(ビル・マンション)

中高層(ビル・マンション)

 

仮設足場を設置しないことによりコストを安く抑えようとしたり、 何かと軽視されがちな仮設足場ですが、本来建設工事において高所の作業を安全に行うために存在するものです。

工事現場には多くの危険が潜んでいるため、徹底した安全策を考慮しなければなりません。

木内興業では多数の現場を踏み、豊富な経験と実績で安全な足場を設計、設置しております。

 

特徴

特徴

 

枠組足場(わくぐみあしば)とは、鋼管を門型に溶接された建枠にジャッキベース・交差筋違・鋼製布板等の基本部材を組合わせ、積上げて構成する仮設足場の事である。主に建設現場のビルの外壁面に沿って設置される。
その基本構成部材は、建枠・ジャッキベース・交差筋違(ブレース)・脚注ジョイント(連結ピン)・アームロック・鋼製布板・階段枠・梁枠・壁つなぎ・手すり柱・手すり・手すり枠となる。
最初に昭和27年米国ビティスキャホード社より輸入した事から、建枠の事をビティ、枠組足場の事をビティ足場と呼ぶ場合がある。

特徴は、文字通り「建枠(ビティ)」を必要な高さまで積み重ねて組み立て、さらに、横の長さも「ブレース(交差筋違)」や「鋼製布板」で必要な長さまで繋ぐことができることにある。